たやいログ

カメラ・グルメ・仕事観などについて書く雑記です。

都内でオススメのビアバー 6選

ビールが大好きなので、オススメのビアバーを紹介してみます

 

①八蛮@東銀座

 

tabelog.com

 

私のビール好きが加速したきっかけのお店です。

大学3年生の時に、始めてドイツ旅行に行き本場の※ヴァイツェンの美味しさを知りました。

 

※小麦を使ったビールで、バナナのようなフルーティな香りと甘めの味が特徴。女性にも飲みやすいです。白ビールとも呼ばれています。

 

ドイツでは、缶ビールが一本100円くらいの破格の安さで買え、旅行中毎日のように飲んでいたので帰国後、ある種の禁断症状のような状態になっておりました。

なので、ヴァイツェンが飲めるお店を探そうと思い立ち、ググったのですが、輸入物のビールはどこもお高く大学生が満足ゆくまで飲む事ができるお店はありませんでした。

そんな中、自分で醸造しているお店なら安く飲めるでは?と思い、探した結果見つけたのがここ。お店の中でヴァイツェン醸造していて、2時間4200円で飲み放題なのです。

 

最初に訪問した時は、サークルの同期・先輩・後輩と一緒に行きました。

見た感じは寂れた田舎の居酒屋のような感じなので、怪しい店だなーと思いながら入ったところ、中も田舎の居酒屋のような内装だったので、ビールが出るまでは皆疑心暗鬼だったのですが、出たビールが出た瞬間その懸念は吹き飛びました。

 

とても本格的なヴァイツェンなのです。しかも出てくる料理も築地から仕入れた新鮮な魚を使っているのでとても美味しかったです。

 

さらにこの店の魅力は、店主(=マスター)が大変気さくな人で、お客さんと一緒に自分で作ったビールを飲み交わすフランクさの持ち主なのです。初めての訪問で色々よくして頂き、その結果累計2,30回は通うほどの常連になりました。

今では、予約の電話をすると声でバレるくらいです。

 

ということで、私のビール史のきっかけになったこのお店を1位にしておきます。

 

f:id:tayai:20160131201018j:plain

 

写真は名物のヴァイツェンとフィッシュサラダ!

 

②高円寺麦酒工房@高円寺

 

tabelog.com

 

こちらも、八蛮に同じくお店の中でビールを醸造しているブルーパブです。

住宅街の中にひっそりと佇んでいるお店でして、行くまでは閑静な雰囲気なのですが、近づくと一軒の家から歓声が聞こえてきます。

それが高円寺麦酒工房です。

 

先ほどの八蛮はおもに一種類のビールを醸造しているのですが、こちらは7,8種類のビールが楽しめます。

私のオススメは「ストロングエール」です。アルコール度が高いにもかかわらずすっきり飲める味になっています。

 

f:id:tayai:20160131201133j:plain

 

お値段も一杯400円くらいと大変お手頃価格かつ、フードメニューも充実しています。

私のイチオシフードは、もつ煮です。もつ煮を頼むと一緒にビール酵母を使ったパンが出てくるのですが、これをモツ煮の汁に付けて食べると激ウマ。

f:id:tayai:20160131201319j:plain

最高のおつまみです。あとは、焼きベーコンやドイツビールの最高のお供ザワークラウトなどもあります。

営業時間が比較的短いので、17時あたりから飲み始めるのをおすすめします。

 

最近は勢力を拡大していて阿佐ヶ谷や中野にも系列店があるそうです。

そちらに行った後輩曰く、高円寺が一番ウマいとのこと。

 

グリフォン@渋谷,新宿

  

tabelog.com

 

渋谷と新宿に展開しているビアバーです。

こちらはお店で醸造はしていないですが、色々なビールが生で楽しめます。

 

比較的アクセスのいい場所にあるので、サクッと訪問できます。

月に数回、ビールが入れ替わるのでこれ!というものは挙げにくいですが、ここで飲んだ中で特に美味しかったのは山口のちょんまげエールですね。あとはサッポロのエーデルピルスですかね…。

 

去年の4月にスマホのアプリで知り合ったドイツ人夫婦に日本でオススメのビールを紹介していたら、明日飲もうよ!と誘われて行ったのもこちらでした。

 

チョコレートエールなど、ドイツにはあまり無いビールが飲めたということでとても喜んで貰えたのは嬉しかったです。そこそこ落ち着いた雰囲気なので、ビールが好きな方をもてなすには良いかもしれません。会食の二次会とか、上司と行くのにもいいですね。

 

④iBrew@銀座

tabelog.com

 

八蛮に引き続き、銀座にあるビアバーです。

こちらも日本各地のビールを取り揃えているお店です。

 

このお店の最大の特徴は一杯300円という安さで全国各地の地ビールを楽しめることです。そしてもう一つが、お店がとても狭いこと。

店内はラーメン屋のような狭さでして、なかなかに窮屈です。

 

狭いところは苦手という人もいるかも知れませんが、そんな人にオススメなのは外飲みです。お店の外に簡易テーブルを作って下さり、そこで飲むことができます。

銀座の路上で、美味しいビールを楽しめるのはなかなかな贅沢かと思います。

 

あと、こちらもフードメニューが美味しいです。

オススメは鶏の刺し身ですね。ササミ、レバーなど新鮮な鶏の刺し身を食べられます。

私は、あまり生肉が好きな方ではないのですが、それでも美味しく食べられました。

 

利用するシチュエーションとしては、仲の良い友達と行く感じですね。

 

⑤デビルクラフト@神田,浜松町

 

tabelog.com

 

去年の年末に行ってきました。

1号店の神田店、2号店の浜松町店の二店舗を構えるお店なのですが、行く度に混んでいて予約必須と言われます。(実にその数3回目)

 

そんなデビルクラフトですが、大晦日に地ビールが飲めるお店を探していたところ元旦まで営業しているとのことで、ダメ元で電話をしてみました。

そして、なんとも幸運なことに当日でまだ予約がOKとのこと。

 

というわけで、大晦日にビジネス街浜松町に繰り出しました。

 

このお店はiBrewやグリフォンのように日本各地の地ビールを飲めるのですが、それ以外にデビルクラフトオリジナルのビールも飲めます。比較的アルコール度数が高いものが多いのですが、どれも美味しいです。特にIPAがおすすめかな…。

 

f:id:tayai:20160131204159j:plain

 

あと、このお店の一番の魅力はフードメニューです。

シカゴピザと呼ばれる分厚いピザが食べられます。

超ボリューミーなのですが、ビールとの相性がとても良く、サクッと食べられてしまいます。

 

f:id:tayai:20160131204331j:plain

 

また、外国人のお客さんが多く、ちょっとした異文化コミュニケーションが楽しめます。

 

普段は予約必須なので、気軽に行ける感じでもないですが、ビール好きの友達と行くならオススメしたいです。

 

タップルーム@中目黒、原宿、馬車道

 

tabelog.com

 

以前、ブログで紹介したベアードビールが運営している直営店です。

 

tayai.hatenablog.com

 

ベアードビールは静岡で本格的なビール醸造をしているメーカーでして、元々静岡の沼津港にしかなかったのですが、その人気が広がったことにより、東京で直営店を3店舗ほど展開しています。

 

その1つが、原宿タップルームです。お店によってコンセプトが違うそうで、このお店は焼き鳥など日本の居酒屋的なおつまみがウリだそう。

f:id:tayai:20160131204657j:plain

 

ビールの種類も沢山ありますが、その中でもスルガベイインペリアルIPAがオススメです。キレのある苦味と強い薫りが特徴です。

 

休日に渋谷から原宿まで散歩しながら買い物をした後に寄りたい感じのお店ですね。

こちらも外国人のお客さんが多いです。

 

以上、都内でオススメのビアバー6選でした。

また、気が向いたら追加していきたいと思います。