たやいログ

カメラ・グルメ・仕事観などについて書く雑記です。

一人暮らしを始めたら特に努力をせず8kg痩せた話

今年の3月中旬から一人暮らしを始め、約8ヶ月が経ちました。

 

色々と面倒な事はありますが、恩恵もそこそこ多いです。

一番の恩恵と言えば体重が落ちたことかと思います。

 

特にこれといった努力はしていないのですが、8kgほど体重が落ちて健康的に過ごせています。世の中には恐らく痩せたくても痩せられない人がいるかと思うので、一人暮らしで変わった点をBefore Afterで生活を比べてみたいと思います。

 

【Before】

 

■通勤・通学

大学院まで2時間かけて通っていました。

また、渋谷でアルバイトをしていたので、1時間半かけて通勤をしていました。

アルバイトは、契約社員のような労働時間で企業の人事部で働いていたので、基本朝10時から19時くらいです。仕事が忙しい時は、退社するのが、21時頃になることもよくありました。

家に帰ると23時半になり、晩御飯を食べた後は疲れ果ててそのまま寝てしまうのが8割型でした。

 

■昼食

アルバイト先では福利厚生の一環で昼食が無料で食べられました。宅配弁当の業者が入っており、好きな弁当を自分で選べる仕組みです。

そして、弁当は比較的高カロリーな唐揚げ弁当などが多かったです。これが大体週3くらいですね。

それ以外は、家で適当に昼食を食べるか、大学院の方々と適当に外食をしていました。

 

■夕食

夕食は、基本的に家で母の作ったものを食べていました。

ローカーボ?の煽りもあり夜は炭水化物を食べないように心がけていましたが、その分おかずを沢山食べておりました。

 

【After】

 

■通勤

今は、会社の近くに住んでいるので晴れている日は、自転車で10分ほどかけて、雨の日は電車と徒歩で15分ほどかけて通勤しています。会社には遅くて22時くらいまで残ることもありますが、家が近いので22時半には晩ごはんにありつけます。以前と比べたら1時間も早いです。

 

■昼食

家賃や光熱費などこれまでかからなかった出費が増えたので、極力弁当を作るようにしています。部署の方々とのコミュニケーションも大切だと思うので、週に一度は外食するようにしています。外食の時は中華屋や定食屋に行くことが多いです。

 

自炊して弁当を持っていく時は、おにぎり・パスタ・焼きそばなどが多いです。比較的少量で抑えるようにしています。

 

■夕食

ここが一番変わりました。実家だと揚げ物のオンパレードの日がありましたが、今では豆腐、もやし、納豆、野菜を中心とした豆ジャンキー・菜食主義な生活を送っています。

 

最近の王道パターンは、卵を茹でながらきゅうりを齧り、茹で終わったら豆腐を食べつつ、茹で卵を食べる感じです。

肉は基本的に食べませんが、週に一度くらいは肉入りの野菜炒めを作って食べる感じです。炭水化物は、ほぼほぼ食べません。

 

魚などの足りない栄養素は、休日の友人とのご飯や飲み会で補給するようにしています。

 

という感じで、特にストレス無くそこそこ健康的っぽい生活を送っています。

豆腐などタンパク質を中心とした食生活を送っているので、筋力が落ちている感じも特にしません。

 

以上、一人暮らしをする前と後の比較です。

 

体重が落ちた一番の功労者は、豆腐と納豆かなと思います。ほぼ毎日食べていますので。夕食の時にはお酒を飲むので、内部的には健康的なのかそこそこ怪しいですが、そこは健康診断でのお楽しいという感じですね。

 

元々太りやすい体質なので、油断はできないですがあと1年くらいはこの生活をストレス無く続けられる自信があります。

 

就職当時は、太っている部類で服も少しきつくなりつつあり危機を感じていたのですが、今では昔着ていたワンサイズ下の服を着られるようになり、ベルトの穴も1つ(穴が空いていないところまで!)落ちました。

 

夜に炭水化物を食べない、晩御飯が遅い時間にならないようにするだけで8kg痩せられるのはダイエッターの方々には魅力的ではないでしょうか。

豆腐・納豆・きゅうりなど特に手間をかけずすぐに食べられるものだけで実践できるので、気になる方は試してみてください。2ヶ月の時点で5kg落ちたので、個人差はあると思いますが、比較的にすぐに効果が出ると思います。

 

 

正しく知る糖質制限食 ~科学でひも解くゆるやかな糖質制限~

正しく知る糖質制限食 ~科学でひも解くゆるやかな糖質制限~