たやいログ

カメラ・グルメ・仕事観などについて書く雑記です。

半年ぶりにマクドを食べた

題名の通り、半年ぶりにマクドを食べました。


赤坂でホームパーティ的な飲み会をした際に酔っ払った友人がハンバーガー20個買ってきた時以来かな。


家にあってすぐに作れる食べ物がインスタントラーメンしかなく、昨日の昼に食べたので何か手軽で違うものをと思い、近所のマクドに買いに行ったのです。


200円のお手軽マックには目もくれず、チキンクリスプ、チーズバーガー、シャカシャカチキンを買いました。合計380円。

安いですし、頼んですぐに出てくるのが良いですね。


仕事の打ち合わせで外出する時や休みの日に料理するのが面倒な時は一人で外食をするわけですが、出てくるまでの時間が煩わしく感じる事が多いので好印象でした。


そして帰宅しコーヒーを淹れて食べたのですが、まあ相変わらずのたまーに食べたくなるジャンキーな味でした。普段豆腐や野菜を中心の生活をしているので、たまには良いかなという感じです。決してまずくはないです。


最近、経営戦略が叩かれまくりのマクドナルドに久しぶりに行ったのでなんとなくブログを書いてみました。


今のマクドナルドは、健康路線やらなんやらよくわからない方向に向かっていますが、大半の顧客はマクドナルドに行くのが目的では無いのです。今日の私のような人が多くを占めているはずです。実際、近くに安くて美味しいハンバーガーを売っている地元のパン屋があったらそちらに行くと思います。


という感じで今のマクドナルドは誰をターゲットにしているのかがよくわからないなという趣旨の記事です。同じ外食でもピザ屋なんかは会社や部活のパーティの定番的な感じの位置付けになっていて上手いなと思います。


では、マクドでハンバーガーを食べるシュチュエーションって何?ってなると、すぐに出る安い外食を求めている時か時間潰しの場所が欲しい時のどちらかしか思いつきません。

前者の場合は牛丼屋なども選択肢に上がりますし、後者の場合はドトールなどが選択肢に上がります。今のマクドには絶対にマクドで無いとダメという確固たる理由が無いんです。


その答えがお手軽マックなのだとしたら相当残念ではあります。

まずはピンクスライム肉や中国産の腐った肉などの負のイメージを無くすイメージ戦略と徹底的な生産地管理(ネット民から突っ込まれないような)をして欲しいです。

その後マクドナルドに行く確固たる理由を作れればいいのかなーと。

個人的には昔郊外の店舗にあった子供が遊べるスペースは良かったなと思います。


牛丼やらうどん屋などの安い外食チェーンには子供が遊べる場所は無いですし、食事中子供が落ち着かなくて困ってる親御さんには嬉しいんじゃないでしょうか。スペースを区切って防音にすれば他のお客の迷惑にもならないですしね。


以上、久しぶりにマクドに行った感想でした。因みに、私ならハンバーガーを食べたいと思った時はバーガーキングに行きます。


P.S.マクドナルドをマクドと略していますが関西人ではありません。Macとマックがややこしいのでマクドの呼び方の方が好きなだけです。


P.S.2 チーズバーガー二個とダブルチーズバーガーの値段差が話題になってましたがチキンクリスプが100円なのに対してシャカシャカチキンが150円なのも理解できません。モノは違いますが大差ないですよね?w